1989-11-11

Amritsar

* * * Diary 1989 * * *
インドに入った途端、お花がきれいに咲き乱れ、小鳥が鳴いていて、正直ほっとした。男性ばかりの街中、彼らの視線は気にしないようにしても、油断してると触られるは、キスは要求されるは、パキスタンの女旅は難しい・・・。かなり疲労してしまった。






パキスタンの映画館。看板、日本もこんなのがいいな




パキスタンで最後の写真、Lahoreにて。ボーダー越えてインドへ


1989-11-09

Lahore


バードシャーヒーモスク










夕食に招待されましたが、慣習の違いが・・よい教訓になった日。







Lahore


馬車!新鮮!




1989-11-05

Murree

* * * Diary 1989 * * *

楽しみにしていたギルギット行が、バスが不調のため中止となってしまった。不調というか坂道が苦手なおじいちゃんバス・・・しかたがないね。その代わりに避暑地のMurreeへ



Lunch time


1989-11-04

Peshawar

--- 2020年追記 ---
カイバル峠。アレキサンダー大王もチンギス・ハーンも玄奘三蔵も越えた東西の交易路にある峠。20代のわたしは、戦争はもちろん、大きな災害にも見舞われたこともない、そしてインターネット検索なんてまだまだドラえもんの世界でしたから、カイバル峠がどういうところがまったくわからず平和ボケした笑顔で観光してきました。今は、外国人は立ち入ることができないのですね。


カイバルアーチ




左のガイドの方、おすすめ撮影ポイント






峠の途中。バスを止め




この後、希望者のみ有料で撃たせてくれました。




ランチはハンバーガー。絶品。




ダッラ




工場が併設されている武器ショップ




ステッキ型の銃




全部武器のお店








作っているところも見学できる




ぺん型の銃。 Made in Japanでした(笑)




毛皮がぶら下がっているお店は大麻ショップ




武器だらけの中に商談ソファーが。疲れたので座らせてもらいましたが・・・。



1989-11-03

Peshawar

* * * Diary 1989 * * *

風邪を引いて、ホテルの部屋に一人で寝ている。いつもは気にさわってしまう町の中の喧噪も今日は心地がいい。静かだったら心細く感じていたかもしれない。ひとりになったの、随分久しぶり。

1989-11-01

Islamabad


昨日は夜遅くまでドライブだったので1日遅れのバースデーパーティ
チャイニーズレストランで。


1989-10-31

Islamabad


誕生日。朝からすばらしい朝日。最高のプレゼント。



誕生日の夜
誰かがどこかで見つけてくれた缶入ケーキ


1989-10-29

Sukkar


ランチタイム。突然ラクダの商隊が




クエッタにある道標。ロンドンから9470km。




非常食(個人的)のバナナの仕入れにフルーツショップへ




たぶんインダス川



サッカルで泊まったホテル al habib hotel

1989-10-27

Quetta

--- 2020年追記 ---

イランーパキスタンの国境やクエッタは外務省の危険情報でもレベル3と4。外国人にとって、危険な地域になってしまいました。今ほどではなくとも、私が旅した80年代でも、クエッタやラホールは危険といわれていましたが、私たちは大きな問題もなく通過できました。イラン国境からクエッタまでの道のりが道なき道を走るので、迷わないかとても心配でした。車の振動とともにシートから浮き上がるお尻の高さが半端ではありませんでした。


クエッタまでの道・・・。というか道がない。




窓を閉めいても砂埃がひどく、覆面

この苛酷な状況下で、しかも頭をガラス窓に何度もぶつけながらも

ぐっすりのmitukoって?!




クエッタのホテル。まずは掃除
  Hotel Bloom Star





1989-10-26

Taftan




ホテルの窓から見える建物。さすが国境




ホテルをチェックアウト。パキスタンへ




・・・・。




難民キャンプかしらと思いました




イミグレ。ホメイニ氏がバイバイしています




1989-10-24

Zahadan





ランチタイム




家?




ずっと砂漠。どこまでも砂漠。




野ラクダ




なんの施設かわかりませんが、絵が怖いです。刑務所???