1989-09-30

Palmyla

--- 追記 2016 --- 

クラック・デ・シュヴァリエは十字軍時代に築かれた城。2013年にシリア軍に爆撃されて一部、破壊されてしまいました。

当時、シリアの遺跡はどこも空いていて、ここも貸切状態。というか誰もいなく、インフォメーションもなし、不勉強な私には、ほったらかしの廃墟にしかみえませんでした。むかし、十字軍の長い剣と盾を持った騎士がいた所、今になって、想像力が掻き立てられ、きちんと見てこなかったことが心残りです。




クラック・デ・シュヴァリエ








毎日、どこまでもまっすぐに道は砂漠の中を続いている




パルミラに到着




遺跡の前のキャンプ場泊